にしぴりかの美術館

開館状況

只今の時間は閉館しています。
開館時間は11:00-17:30です。

にしぴりかの美術館とは

生きているから表現する。表現するから生きている。 そんな根源的な自己表現を企画展示している美術館です。

アウトサイダーアートを中心とした作品を常設展示する美術館では宮城県内初となります。展示内容は約4ヶ月程度で入れ替わります。

入館について

入館料 無料
開館時間 11:00~17:30
入り口 「黒川こころの応援団」の1F喫茶店のある玄関を進んで、さらに奥のガラス扉の先にございます。
休館日 木曜日
(年末年始休館)

にしぴりか美術館内

現在の展示のご案内

クシノテラス企画展ここにいる

開催日:  2020年05月30日 ~  2020年08月30日

展示時間:  11:00 ~ 17:30

戦争や天災、飢饉などにより、生存が不確かな時代においては、生きることそのものが人間の目的となっていた。

しかし、社会が成熟し、命の危険がないことが当たり前の現代においては、自らが生きる意味を自分で見つけることが求められるようになっている。

僕たちは、自分はいったい何者で、いかに生きるかを常に模索している。

ましてや、SNSで他人の幸せが目に入ってくるようになったことで、自分の人生に不安を感じている人も多い。

しかし、いくらお金を手にいれ高価な品に囲まれ、多幸感に包まれたとしても、その充足感はやがて失われていくことを僕らは知っている。

一時的な幸せに対する人間の欲望には際限がないことは、あらゆる歴史が証明しているだろう。

同時に、ひとと違うということや自分の感覚に従うことは、正しいことだと分かっていながら、自分らしくいることは、とても怖いことだということにも僕らは気づいている。

そうしたなかで、既存の評価軸に左右されることなく何かに没頭して生きている人は、強い「自分」を持っている。

そこで本展では、「自分」の存在を中心に据えた独創的で強烈な自己表現を紹介させていただく。

路上で、自宅で、アトリエで、そしてスマートフォンの画面の中で、

彼ら/彼女らは、自分だけの居場所をつくりだし、自分が何者であるかを世界に知らせている。

耳をすませば、きっと君にも届くだろう。

「ここにいる」という力強い声が。

 

クシノテラス企画展「ここにいる」特設ページ

クシノテラス企画展ここにいる

これまでの企画展示


先頭

2018年